イベント・お知らせ

書籍「土地の記憶から読み解く早稲田」が発刊されました。

  • 2021年03月25日

waseda.jpg

イタリア,ヴェネツィアのカ・フォスカリ大学教授で,法政大学江戸東京研究センターの客員研究員のローザ・カーロリ氏が執筆した書籍「土地の記憶から読み解く早稲田」が2021年3月31日に勉誠出版より発刊されました。

書名:土地の記憶から読み解く早稲田
著者:ローザ・カーロリ(江戸東京研究センター客員教授,カ・フォスカリ大学教授)著
   大内紀彦,フィリッポ・ドルネッティ 訳
定価:2,970円
出版社:勉誠出版
発売日:2021年3月31日

(勉誠出版サイトより)
大都市東京の周縁、早稲田界隈。
低地と台地と、多くの坂に形どられたこの地を歩き続けた一人のイタリア人研究者がいた。
神田川・東京専門学校・尾張藩下屋敷・穴八幡宮・胸突坂・夏目漱石・椿山荘―
過去と現在、様々な学問領域を横断する自在な構想力で、古代・中世・近世に遡る土地の基層を掘り起こし、早稲田という「小宇宙(ミクロコスモ)」から、江戸・東京という「大宇宙(マクロコスモ)」を描く。
膨大な文献・史料・地図の博捜と現地踏査から土地の文化的・歴史的価値を発見する、もうひとつの江戸・東京学。

勉誠出版Webサイト(外部サイトにつながります)
https://bensei.jp/index.php?main_page=product_book_info&cPath=4_6&products_id=101202

ページトップヘ