イベント・お知らせ

シンポジウム「東アジア近世・近代都市空間のなかの女性」を開催します【2022年2月28日(月)】

  • 2022年02月28日 10時30分~2022年02月28日 17時00分 [ 開催予定 ]

シンポジウム「東アジア近世・近代都市空間のなかの女性」
主催:法政大学江戸東京研究センター「江戸東京の『ユニークさ』」プロジェクト

日程:2022年2月28日(月) 10:30~17:00
会場:法政大学市ヶ谷キャンパス 外濠校舎2階 S205教室
※オンライン(Zoom)でも参加可能
参加無料

事前申込制(対面参加の場合もオンライン参加の場合も必ず事前申込をお願いします)
事前申込はこちら
https://forms.gle/riJhTc6wiUNwCJJt8
※【事前申込締切】2月25日(金)15時

オンラインのみの開催に変更になる可能性があります。
その際はメールにてご連絡しますので必ず事前申込をお願いします。

--------

 女性にとって都市とはどのような場所であったのか。
 この問いを、ジェンダーがとりわけ色濃く反映していたと考えられる東アジア近世~近代の文学から考えます。芸娼妓も含めた身分職分の問題、都市と地方の差、都市ならではの体験には、女性特有のものもあったことでしょう。
 女性のことばは都市をどのように記述したのか、また、女性は都市のなかでどのように描かれたのか。この両面から、女性にとっての都市とは、という問題に迫ります。

Ⅰ 10:30~11:40 身分・規範と都市
山田恭子(近畿大学)「朝鮮後期女性詩人の特徴とその周辺環境」
仙石知子(二松学舎大学)「明清小説のなかの女性」
ディスカッサント・横山泰子(法政大学)

Ⅱ 12:45~14:30 都市の可能性
岩田和子(法政大学)「訴えに行く女性たち――清代唱本の一側面――」
小林ふみ子(法政大学)「江戸へ奉公にゆく娘――「婦人亀遊」の戯作から――」
高永爛(全北大学校)「朝鮮古典小説『雲英伝』の宮女と漢陽――欲望の都市ソウルを中心に――」
ディスカッサント・染谷智幸(茨城キリスト教大学)

Ⅲ 14:45~15:55 女性が描く近代都市 
呉翠華(元智大学)「清末民国初期台湾女性の都市―――『楊水心日記』にみる―」
藤木直実(法政大学)「百貨店文化と女性作家――森しげ、与謝野晶子の『三越』掲載作品を中心に――」
ディスカッサント・中丸宣明 (法政大学)

Ⅳ 16:00~17:00 総合コメントと討論 
大木康(東京大学)・田中優子(法政大学)

フライヤーのダウンロードはこちら

ページトップヘ