成果・刊行物

著書・報告書

著書

【EToS叢書1】新・江戸東京研究―近代を相対化する都市の未来

#
著者:陣内秀信 監修
出版社:法政大学出版局
発行年月:2019年3月
論文標題:
【基調講演】
細粒都市 東京とその空間(槇文彦)
川向こうをめぐる断層(川田順造)
【セッション1】
江戸東京のモデルニテの姿―自然・身体・文化(安孫子信)
この都市を歩く―江戸東京における時間・空間・モダニティ(ローザ・カーロリ)
江戸-東京―サイボーグ都市?(チエリー・オケ)
セッションⅠ 討論(安孫子信)
【セッションⅡ】
江戸東京/巨視的時間/脱・近代(北山恒)
西洋現代都市の構造的危機―別の近代性を探して(パオロ・チェッカレッリ)
「動十分心,動七分身(心を十分に動かして身を七分に動かせ)」―多次元社会を目指して(ロレーナ・アレッシオ)
創発都市東京―文化横断的視点から捉えた、企業型都市開発に代わる自然発生的都市パターン(ホルヘ・アルマザン)
セッションⅡ 討論(北山恒)
【セッションⅢ】
水都の再評価と再生を可能にする哲学と戦略(陣内秀信)
新千年紀へのいくつかの指針(リチャード・ベンダー)
ミラノの運河再開―未来のための歴史(アントネッロ・ボアッティ)
<水都学>のアジアから再発見する東京の可能性(高村雅彦)
セッションⅢ 討論(陣内秀信)

あとがき(陣内秀信)

【EToS叢書2】風土(Fudo)から江戸東京へ

#
著者:安孫子信(監修)
出版社:法政大学出版局
発行年月:2020年3月
論文標題:
序----なぜ風土(Fudo)なのか(安孫子信)

【第一部 和辻『風土』における東京】
「風土」から見た都市「東京」の珍しさ(星野勉)
和辻風土学で解く江戸東京の特質----皇居・武家屋敷・宗教空間(田中久文)
和辻哲郎の「江戸城」発見----「城」(1935)における濠と高層建築の対比(橋本順光)
和辻哲郎にとっての東京----田舎あるいは古代という対立軸から(衣笠正晃)
【第二部 風土からFudoへ、ベルクの視点をめぐって】
<脱中心化>と<再中心化>----風土学の本質的契機(木岡伸夫)
都会の蛍----和辻哲郎とオギュスタン・ベルクとともに都市の風土を考える(ジャン=フィリップ・ピエロン/犬塚悠訳)
不可能のパリとしての東京----「都市の風景」批判(チエリー・オケ/松井久訳)
風土と雰囲気----都市のための二つの概念(エリー・デューリング/石渡崇文訳)
【第三部 風土と江戸東京】
荒野と名前のない海と----江戸東京の原意味(河野哲也)
文化的景観と風土、その担い手(福井恒明)
水性の東京----映画に対する風土学の試み(クレリア・ゼルニック/岡村民夫訳)
イノヴェーションに直面する風土----戦後日本の都市の近代化をめぐる言説に見る風土の消失についての考察(アンドレア・フロレス・ウルシマ/松井久訳) 

総括----風土(Fudo)と「珍しさ」の諸相(陣内秀信)

歴史REAL 大江戸の都市力

#
著者:江戸東京研究センター
出版社:洋泉社
発行年月:2018年11月
論文標題:
「吉原遊郭は、都市の中のもうひとつの都市だった!」田中優子
「江戸・東京の歴史からなにが学べるのか?江戸はこうして豊かになった」陣内秀信
「江戸の人びとはなぜカッパを信じたのか?」横山泰子
「水の聖地を歩く(隅田川以東)」高村雅彦
「東京都心の古墳を歩く(「都心」に眠る古墳の素顔)」高村雅彦
「”細粒都市”東京は,江戸に学んで新たなコンセプトを創造できる」北山恒
「江戸の名所は,都市の発達と行楽文化の成熟とともに変化した」小林ふみ子
「江戸の盛り場・両国は,信仰と遊びが共存した空間だった」川添裕
「江戸のダム湖を歩く(千鳥ヶ淵)」皆川典久
「江戸の凸凹土地利用の痕跡を歩く(新宿・四谷)」皆川典久
「江戸市中を潤したオアシスを歩く(井之頭池)」皆川典久

江戸東京の都市組織に挑む

#
著者:法政大学江戸東京研究センター+法政大学デザイン工学部建築学科+南カリフォルニア建築大学+トリノ工科大学
出版社:彰国社
発行年月:2019年9月
論文標題:
・「都市の文脈に挑戦する」開催に寄せて:赤松佳珠子、岩佐明彦
・“知”の向上に向けて:カルラ・バルトロッシ、クリスティアーナ・ロシニョーロ
・都市の多様性に触れて:ヘルナン・ディアス・アロンソ
・「都市組織」とは何か:渡辺真理
江戸東京の都市組織
・東京の都市組織を読む:陣内秀信
上野公園を中心とした都市組織
・上野公園を中心とした周辺エリア/6つの対象サイト:栗生はるか
都市組織に挑戦する
・緑を探してー東京の都市構造:クラウディア・カッサテッラ
・東京の見えない空間:ニコラ・ルッシ
・伝統と革新の相対的関係:マウロ・ヴォルピアノ
・トリノ再構築ー都市の未来、ハイブリッド空間:マルコ・サンタンジェロ
・LAー大局的な部分が織りなす全体:ジョン・N・ボーン
・「江戸東京」という年のコンセプト:北山恒
・新たな都市国家ー都会/田舎:ヘルナン・ディアス・アロンソ
・東京の現状と今後への期待:陣内秀信

東京人「外濠を歩く」

#
出版社:都市出版
発行年月:2019年1月
論文標題:
「『水の都 東京』の重要なへそ」陣内秀信ほか
「東京の近代化は外濠からはじまった」高道昌志
「明治からの新聞記事に見る外濠」福井恒明
「外濠でつながる人たち」外濠市民塾・外濠再生懇談会

好古趣味の歴史 江戸東京からたどる

#
著者:小林ふみ子,中丸宣明 編
出版社:文学通信
発行年月:2020年6月
論文標題:
はじめに●小林ふみ子

Ⅰ 知識を集め地理をひもとく
Chapter1 江戸の歴史のたどり方─考証の先達、瀬名貞雄・大久保忠寄と大田南畝●小林ふみ子
Chapter2 「長禄江戸図」と馬琴の地理考証─「神宮」をめぐる混乱●神田正行
Column 江戸回顧の時代と文学者の地誌─幸田露伴「水の東京」の試み●出口智之
Chapter3 鴎外歴史文学の〈江戸〉像─時間・空間の語りかたに注目して●大塚美保

Ⅱ 風俗や慣習の由来を探る
Chapter4 新興都市江戸の事物起源辞典─菊岡沾凉『本朝世事談綺』考●真島 望
Chapter5 七兵衛という飴売り─柳亭種彦の考証随筆『還魂紙料』●佐藤 悟
Chapter6 失われた端午の節句「印地打」─日本人と朝鮮人のまなざしから考証する●金 美眞
Column 風俗を記録する意図─雑芸能者たちの〈江戸〉●小林ふみ子

Ⅲ 盛時の歌舞伎と遊里の面影を求めて
Chapter7 古画を模す─京伝の草双紙と元禄歌舞伎●有澤知世
Chapter8 古画の収集と考証─京伝読本の発想源●阿美古理恵
Column 其角の記憶・追憶・江戸残照●稲葉有祐

Ⅳ 響き続ける江戸
Chapter9 受け継がれた江戸─高畠藍泉の考証随筆●中丸宣明
Chapter10 「趣味」(Taste) とは何か─近代の「好古」●多田蔵人
Column 趣味を持ちにくい町●多田蔵人
Chapter11 江戸漢詩の名所詠と永井荷風●合山林太郎
Chapter12 江戸をつくりあげた石川淳●関口雄士

あとがき●中丸宣明

江戸とアバター 私たちの内なるダイバーシティ

#
著者:田中優子,池上英子
出版社:朝日新聞出版
発行年月:2020年3月
論文標題:
江戸東京研究センター協力のもと,2018年12月9日に法政大学市ヶ谷キャンパスで開催された「朝日教育会議:江戸から未来へ アバターforダイバーシティ」の内容をもとに執筆された。

みる・よむ・あるく 東京の歴史 1: 通史編1 先史時代~戦国時代

#
著者:陣内秀信(共編著)
出版社:吉川弘文館
発行年月:2017年10月

みる・よむ・あるく 東京の歴史 2: 通史編2 江戸時代

#
著者:陣内秀信(共編著)
出版社:吉川弘文館
発行年月:2017年11月

みる・よむ・あるく 東京の歴史 3: 通史編3 明治時代~現代

#
著者:陣内秀信(共編著)
出版社:吉川弘文館
発行年月:2017年12月

みる・よむ・あるく 東京の歴史 4: 地帯編1 千代田区・港区・新宿区・文京区

#
著者:陣内秀信(共編著)
出版社:吉川弘文館
発行年月:2018年9月

みる・よむ・あるく 東京の歴史 5: 地帯編2 中央区・台東区・墨田区・江東区

#
著者:陣内秀信(共編著)
出版社:吉川弘文館
発行年月:2018年10月

みる・よむ・あるく 東京の歴史 6: 地帯編3 品川区・大田区・目黒区・世田谷区

#
著者:陣内秀信(共編著)
出版社:吉川弘文館
発行年月:2019年2月

みる・よむ・あるく 東京の歴史 7: 地帯編4 渋谷区・中野区・杉並区・板橋区・練馬区・豊島区・北区

#
著者:陣内秀信(共編著)
出版社:吉川弘文館
発行年月:2019年10月

水都ヴェネツィア―その持続的発展の歴史

#
著者:陣内秀信
出版社:法政大学出版局
発行年月:2017年4月

モダニズムの臨界:都市と建築のゆくえ (建築・都市レビュー叢書)

#
著者:北山恒
出版社:NTT出版
発行年月:2017年7月

猫の怪

#
著者:横山泰子(共著)
出版社:白澤社
発行年月:2017年7月

建築的冒険者の遺伝子: 1970年代から現代へ

#
著者:北山恒,ギャラリーIHA,法政大学デザイン工学部建築学科デザインラボユニット 編
出版社:彰国社
発行年月:2017年8月

進化する妖怪文化研究

#
著者:小松和彦編(横山泰子 共著)
出版社:せりか書房
発行年月:2017年10月

大江戸 知らないことばかり―水と商と大火の都

#
著者:NHKスペシャル「大江戸」制作班編(陣内秀信 共著)
出版社:NHK出版
発行年月:2018年5月

国際都市ジュネーヴの歴史 宗教・思想・政治・経済

#
著者:岡村民夫(共著)
出版社:昭和堂
発行年月:2018年6月

江戸怪談を読む 牡丹灯籠

#
著者:横山泰子(共著)
出版社:白澤社
発行年月:2018年7月

立原道造 故郷を建てる詩人

#
著者:岡村民夫
出版社:水声社
発行年月:2018年7月

イタリア海洋都市の精神

#
著者:陣内秀信
出版社:講談社
発行年月:2018年10月

HOUSING IN MODERN ASIAN CONTEXTS

著者:北山恒(共著)
出版社:淡江大学出版
発行年月:2018年11月

興亡の世界史 人類はどこへ行くのか

#
著者:陣内秀信(共著)
出版社:講談社学術文庫
発行年月:2019年1月

江戸の都市化と公共空間

#
著者:松本剣志郎
出版社:塙書房
発行年月:2019年1月

へんちくりん 江戸挿絵本

#
著者:小林ふみ子
出版社:集英社インターナショナル
発行年月:2019年2月

アナザーユートピア: 「オープンスペース」から都市を考える」

#
著者:槇文彦・真壁智治編著(陣内秀信 共著)
出版社:NTT出版
発行年月:2019年3月

東京的空間人類学

著者:陣内秀信(共著)
出版社:中国建築工業出版社
発行年月:2019年3月

建築史への挑戦―住居から都市、そしてテリトーリオへ

#
著者:陣内秀信・高村雅彦編著
出版社:鹿島出版会
発行年月:2019年4月

〈奇〉と〈妙〉の江戸文学事典

#
著者:長島弘明編(小林ふみ子 共著)
出版社:文学通信
発行年月:2019年5月


報告書

【EToS報告書1】風土(FUDO)から江戸東京へ

#
著者:安孫子信 編
出版社:江戸東京研究センター
発行年月:2019年3月
論文標題:
「『風土』から見た都市『東京』の珍しさ」星野勉
「荒野と名前のない海と:江戸東京の原意味」河野哲也
「都会の蛍:和辻哲郎とオギュスタン・ベルグとともに都市の風土を考える」ジャン=フィリップ・ピエロン
「不可能のパリとしての東京『都市の風景』批判」チエリー・オケ
「文化的景観と風土、その担い手」福井恒明
「和辻哲郎の『江戸城』発券-『城』(1935)における濠と高層建築の対比」橋本順光
「和辻風土学で解く江戸東京の特質-皇居・武家屋敷・宗教空間-」田中久文
「和辻哲郎にとっての東京-田舎あるいは古代という対立軸から」衣笠正晃
「風土と雰囲気:都市のための二つの概念」エリー・デューリング
「<脱中心化>と<再中心化>-風土学の本質的契機」木岡伸夫
「本性の東京-映画に対する風土学の試み」クレリア・ゼルニック
「イノヴェーションに直面する風土 戦後日本の都市の近代化をめぐる言説に見る風土の消失についての考察」アンドレア・フロレス・ウルシマ

【EToS報告書2】アートと東京/文学と東京

#
著者:安孫子信 編
出版社:江戸東京研究センター
発行年月:2019年3月
論文標題:
Ⅰ アートと東京
「アートを受容する場の多様性」荒川裕子
「東京アンダーグラウンド」クレリア・ゼルニック
「『MOTサテライト』-現代美術とまちとの交わり-」北澤ひろみ
「東京における森美術館のあり方について」椿 玲子
「アートの視点で見る都市の公共空間づくり」岩井桃子
「ネクロポリスとしての東京」古屋俊彦
Ⅱ 文学と東京
「立身出世の都-江戸・東京」中丸宣明
「リアリズムの変容-夏目漱石『三四郎』から吉田修一『横道世之介』まで」田中和生
「首都圏から東京へ回帰」中沢けい
「『ドヤ街』から読む東京-高森朝雄原作、ちばてつや作画『あしたのジョー』と三島由紀夫『音楽』」山田夏樹

【EToS報告書3】復元 江戸城能舞台と弘化勧進能

#
著者:高村雅彦監修+高村研究室
出版社:江戸東京研究センター
発行年月:2019年3月
論文標題:
<第1部>
第1章 武家と能楽
第2章 江戸城における多様な舞台とその比較
第3章 江戸城の遊郭的能舞台の復元
第4章 復元図面
第5章 コンピューター・グラフィックにより復元
<第2部>
第1章 弘化勧進能
第2章 敷地
第3章 部隊
第4章 弘化勧進能絵巻の復元
第5章 復元図面
第6章 模型とコンピューター・グラフィックによる復元
第7章 音

【EToS報告書4】東京発掘プロジェクト 水辺編Ⅰ

#
著者:高村雅彦 皆川典久 監修
出版社:江戸東京研究センター
発行年月:2019年3月
論文標題:
目黒千代が池
日本橋
業平橋
紅葉川
蟹川
木場
東堀留川
新川

【EToS報告書5】江戸東京チャレンジ2018

#
著者:江戸東京研究センター
出版社:江戸東京研究センター
発行年月:2019年3月
論文標題:
「日本の古典芸能」
「障がい者スポーツ/パラリンピックに関して」
「伝統と私たち」
「旧東京市における舟運利用の実態」
「映画公開によるロケ地への影響~映画「男はつらいよ」と葛飾区柴又」
「落語の舞台を巡る」
「近世随筆集の怪異譚の分布と傾向」
「”鉄道唱歌”にみる近代東京の”車窓”世界~旅で最初の見所はなぜ「泉岳寺」?」
「深川木場 失われた風景を読み解く」
「江戸東京における河川スケールの類型化とその在り方の比較研究」
「江戸東京水辺空間の町並み研究」
「日本橋魚河岸の近代発掘と提案」
「目黒 千代が池」

【EToS報告書6】テクノロジーと東京

#
著者:山本真鳥 編
出版社:江戸東京研究センター
発行年月:2020年3月
論文標題:
Ⅰ 交通
「交通体系の変化と東京の都市構造の変容」陣内秀信
「効率の最大化によって変質する都市空間」岩佐明彦
「近代東京の社寺参詣と電鉄」鈴木勇一郎
Ⅱ 建築
「やわらかい都市のテクノロジー」北山恒
「失われた場所、失われた時間」高村雅彦
「まちに眠るテクノロジーの記憶を探る」岩井桃子
Ⅲ テクノロジー
「人間とテクノロジーのインタラクションをデザインする:シリコンバレーと東京」白石さや
「江戸時代の科学技術と現代のロボット」石井千春
「テクノロジーとしての文学言語」田中和生

2017年度報告書「江戸東京」という都市組織の中で「ヴォイドタイポロジー」の試み」

著者:北山恒
出版社:エコ地域デザイン研究センター
発行年月:2018年2月

シンポジウム「地域から外濠の再生を考える」報告書

#
著者:外濠再生懇談会,法政大学江戸東京研究センター,法政大学エコ地域デザイン研究センター,東京理科大学外濠及び神楽坂地域調査研究推進室
発行年月:2020年3月
論文標題:
【巻頭特集】
 外濠vision2036パンフレット
 シンポジウムフライヤー
 会場写真
【趣旨説明】
 陣内秀信(法政大学特任教授・外濠再生懇談会代表)
【基調講演】「外濠文化の可能性」
 田中優子(法政大学総長)
【基調講演】「グローバル都市東京における外濠・神楽坂」
 松本洋一郎(東京理科大学学長)
【外濠再生憲章について】
 福井恒明(法政大学教授・外濠再生懇談会事務局)
【パネルディスカッション】
【閉会挨拶】
 宇野求(東京理科大学教授・外濠再生懇談会代表)
【シンポジウム参加者アンケート】
【実施概要】
【付録】
 都知事への提言実施と東京都「未来の東京」戦略ビジョンへの反映
 外濠・日本橋川の水質浄化と玉川上水・分水網の保全再生について(提言)
 東京都「未来の東京」戦略ビジョン抜粋

ページトップヘ